伸張反射 - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 伸張反射

伸張反射

2013年09月07日

伸張反射という言葉を聞いたことがありますか?
あまり聞きなれないかもしれませんが、ストレッチやスポーツパフォーマンスを
向上しようとしたら是非この原理は理解しておいて下さい。

筋肉は急激に伸ばされると、このままでは断裂してしまうと思って
反対に急激に収縮します。これは脳で考えるのではなく脊髄の反射
で起こります。

そのために筋肉には筋紡錘というセンサーが多くついていて、筋肉にかかる
力を見張っています。筋肉が急に伸ばされるとすぐに信号を送って脊髄から
の反射で元に戻そうとするのです。

ストレッチでも急に無理に伸ばし過ぎるとこの伸張反射が働いてしまい、
かえって筋肉をかたくすることになってしまいます。

ストレッチにも色々な種類がありますが、近年では反動をつけるストレッチが
あまり薦められないのはこれが理由です。

反動をつけないゆっくり伸ばすストレッチ(スタティックストレッチ)でも最初から限界
以上伸ばそうとしない方が柔軟性のアップにつながります。

スポーツのパフォーマンスでは逆にこの伸張反射を活用するこで、より技術をあげようと
する方法論もあります。
いったん運動したい方向と逆に強く伸ばすことで、伸張反射を引き起こしより強く、速い
パフォーマンスを生み出そうという発想です。



お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop