「足のアーチ」が崩れると体全体がゆがむ - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 「足のアーチ」が崩れると体全体がゆがむ

「足のアーチ」が崩れると体全体がゆがむ

2014年03月27日

人間の足の裏のアーチは動物の中でもとても特殊な形になっています。
いわゆる土踏まずの部分です。

縦に2本、横に1本橋のようなカーブを描いています。
体の一番の土台の部分であり、このような構造をしているから、
人間だけが2本足で立ったり、歩けたりするのです。

長い進化の過程で獲得したものです。
歩くときにはこの部分の筋肉が緊張と弛緩を繰り返すことで、長く歩くことが
できます。また、クッションの役割を果たしてくれることで、地面からの衝撃を
吸収してくれます。

もし、アーチがしっかり働かなければ、歩いた時の衝撃を骨がもろに受けてしまいます。
当然、膝や腰も衝撃が蓄積して故障や痛みの原因にもなります。

また、脳も衝撃をうけてしまい、恐ろしいことになります。

これほど大事な足のアーチも現代人は崩れている人が大変増えています。
偏平足の人は要注意です。



お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop

ボディメンテナンスについて相談してみる
満足度アンケート結果
新着記事
MENU
B-breeze情報

〒170-0005
豊島区南大塚2-35-8
NYビル 6F
TEL:03-5944-8511

カレンダー

:定休日

※ボディメンテナンスやからだのことなどマスコミ・メディアの取材協力もお気軽にご連絡下さい。