デスクワークの腰痛対策は・・・ - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > デスクワークの腰痛対策は・・・

デスクワークの腰痛対策は・・・

2014年04月26日

腰痛を引き起こしやすい仕事として、
重い荷物を持つ仕事や立ち仕事がありますが、
実は、一日中パソコンの前で座り続ける仕事の方が
腰への負担が大きいかもしれません。

何故なら座っている時の方が、
腰への負担は立っている時の2倍以上かかると言われているからです。

さらに長時間同じ姿勢を続けることは筋肉がかたまり
血流も低下します。

立っている時の姿勢を気にする人は多いのですが、
座っている時の姿勢はもっと気をつけていただきたいです。

猫背で首を前に出す姿勢は、腰にも首にも大きな負担がかかります。

立つときの足裏のバランスの重要性は何度かお伝えしましたが、
座っている時はどこに気を付けたらよいのでしょう?

それは「坐骨」です。

お尻の裏の骨が出てる部分、
正座をした時に足のかかと辺りで感じる骨の部分です。

ここが座っている時の中心になります。

この坐骨でしっかり体を支えていれば、
いわゆる骨盤が立っている状態になります。

ところがこの坐骨が後ろに寝て
骨盤が後傾した姿勢で長時間デスクワークをしている人がとても多いのです。

脚を組んで座るのも
体のゆがみを引き起こし腰への負担も大きくなります。

あなたの座り姿勢はいかがでしょうか?

youtsu_woman.png



お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop