足裏のセンサーを見直す(2) - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 足裏のセンサーを見直す(2)

足裏のセンサーを見直す(2)

2014年06月27日

体のバランスをとって、転倒予防にとても重要な足裏のセンサーのことを
「メカノレセプター」と言います。

「メカノレセプター」は足裏だけでなく全身についていて関節の角度等を
常に調整しています。足裏の「メカノレセプター」は踵やつま先の方に多く
ありますが、特に指では親指の周辺に集中的に集まっています。

日本では古来から特に武道では親指の重要性を指摘されましたが、
これは経験的に「メカノレセプター」の重要性に気づいていたのかも
しれません。

「メカノレセプター」の機能が低下すると著しく体のバランスが崩れるので、
足の形状と機能が非常に大切になります。従って、浮指で指先が地面に
しっかり着かない人や外反母趾の人、巻き爪の人等は特に注意が必要です。
また、最近の研究では膝に障害があると「メカノレセプター」の機能も著しく
低下することが分かってきたようです。
スポーツ選手やダンサーでも膝に障害を起こすと、膝の影響だけでなく体の
バランスの崩れからパフォーマンの低下を引き起こす恐れがあります。

当店では特に高齢者の方にはバランスディスクを使って、足裏の「メカノレセプター」を
活性させるエクササイズも取り入れております。



お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop