胸椎の重要性 - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 胸椎の重要性

胸椎の重要性

2014年07月05日

背骨は24個の関節でつながっています。
首の部分の頸椎が7個、胸の後ろの胸椎が12個、腰の後ろの腰椎が5個
です。(その下に仙骨と尾骨がつながっています。)

たいていの人は首や腰の部分は意識しやすいと思いますが、胸の後ろの
胸椎の意識は薄いと思います。
しかし、この胸椎は姿勢やスポーツのオアフォーマンスにとても重要な
働きをします。肋骨は胸椎とつながっているので、胸椎の動きが悪いと
肋骨の動きも悪くなります。肋骨が詰まると猫背になり易くなりますし、
呼吸も浅くなります。

スポーツでも例えばゴルフや野球で腰を回そうとしますが、腰の骨の
腰椎は構造的に本来あまり動かないように出来てます。
捻転動作で普通左右に5度位しか回りません。合わせて10度程度です。
一方胸椎は左右に35度位回ります。合わせて70度も動かせます。

無理に腰を回そうとすると、可動域以上の無理が働き腰痛の原因にもなります。
一流のゴルフのプロのスイングを見ていると上半身と下半身の捻転差がすごく
あるようにみえますが、胸椎を上手に捻っている選手が多いのです。

ところが一般人は胸椎が硬くなって前後にも左右にも動かない人がとても
多いようです。

胸椎のしなやかさを取り戻すことが姿勢の維持や日常生活でもとても
大切だと思います。



お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop