体の「廃用性萎縮」 - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 体の「廃用性萎縮」

体の「廃用性萎縮」

2014年09月27日

骨折や大きな怪我をしたことがある方は実感したことがあると思いますが、
長期間ギブスや固定をしていた箇所は驚くほど細くなってしまい、また怪我の
前は自然に出来た動きがとても大変になってしまいます。

これは体に「廃用性萎縮」という現象が起こるからです。
体は長い間使わない機能は必要がないと思って消えてしますのです。

これは怪我した時だけではなく、日常で使わない機能についてもあてはまります。
昔は簡単に出来たことが凄く大変になるのは自然な老化に加えて廃用性萎縮が
拍車をかけてしまいます。

現代の体を使わない生活では、例えば手を頭の上に高く上げたり、手をしっかり
後ろに伸ばすことを一日何回やっていますか?
慢性の肩こりや五十肩になりやすい人はこういう毎日の細かいことも大きな原因に
なると思います。

日常わずか時間でもストレッチしたり運動することが廃用性萎縮の予防になります。



お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop

ボディメンテナンスについて相談してみる
満足度アンケート結果
新着記事
MENU
B-breeze情報

〒170-0005
豊島区南大塚2-35-8
NYビル 6F
TEL:03-5944-8511

カレンダー

:定休日

※ボディメンテナンスやからだのことなどマスコミ・メディアの取材協力もお気軽にご連絡下さい。