「五十肩」の予防 - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 「五十肩」の予防

「五十肩」の予防

2015年01月10日

ある日突然襲ってくるかもしれない「五十肩」はどうしてなるのでしょうか?
医学的には色々な説があるようですが、完全には解明されていません。

関節や筋肉の原因だけでなくホルモンの問題もあるからです。
いずれにしても肩の周りの筋肉はとても繊細なので、これらの
筋肉のメンテナンスはとても大切になります。

野球の投手も肩を痛めることが多いので、投げ終わった後のアイシングや
筋力の強化に気を使っています。

特に一般の現代人は腕を高く上げる動作をほとんどしなくなっています。
パソコンやスマホを長時間やっている人は肩を丸めて一方的な腕と肩の
使い方しかしません。当然筋肉は伸びにくくなりますし、肩の関節もつまりやすく
なります。

また、腕を前にも横にも上げる動作は肩甲骨との共同作業です。
肩甲骨がかたまって動かない人は肩の関節に対する負担が増大します。

前回お話しした「腱板断裂」も転倒などで急激に起こすこともありますが、
長年こすれて徐々に筋肉が細くなっていき最後に何らかの衝撃で断裂
することもあります。
太いロープも長い間こすり続ければ細くなって切れてしまうことと同じです。

1.一部の筋肉や関節に負担をかけないために良い姿勢を心掛ける
2.肩のインナーマッスルのストレッチとトレーニングを継続する
3.肩甲骨の可動域を拡げる

これらのことは「五十肩」や「腱板の損傷」を予防するために心掛けていただきたい
項目です。



お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop