「美姿勢」教室(6) - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 「美姿勢」教室(6)

「美姿勢」教室(6)

2015年04月22日

美姿勢をつくる第5のポイントは体幹の下部です。
体幹とはどの部分を指すかは色々な定義がありますが、
股関節から上野骨盤の部分から首の下までのいわゆる
胴体と考えていいと思います。

ただこの体幹を私は二つのパーツに分けると分かりやすいと
思います。
骨盤の上から胸郭の下の部分を体幹下部とします。
この部分は骨で覆われていないので、筋肉がコルセットのように
体を撒いています。
内臓もこの筋肉のコルセットが保護しています。

骨で覆われていないために動きの自由度も高くなります。
骨盤の上の脇腹の部分に親指を入れてみてください。
このスペースがひろければ体をしっかり立てた姿勢になっていますが
指が体の横の肋骨に触るようだと体幹がつぶれた状態です。

ここで重要な働きをする筋肉はお腹の前面の腹直筋と横にある腹斜筋
(腹斜筋は外腹斜筋とその奥にある内腹斜筋と構成されます。)
さらに腹斜筋をぐるっと巻くようについている腹横筋です。

腹筋と言ってもこんなに多くの筋肉が体を支えていますので、トレーニングやストレッチも
それぞれの筋肉を狙って数種類やる必要があります。
背中の筋肉だけでなく腹筋も美姿勢をつくる重要なポイントとなります。




お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop

ボディメンテナンスについて相談してみる
満足度アンケート結果
新着記事
MENU
B-breeze情報

〒170-0005
豊島区南大塚2-35-8
NYビル 6F
TEL:03-5944-8511

カレンダー

:定休日

※ボディメンテナンスやからだのことなどマスコミ・メディアの取材協力もお気軽にご連絡下さい。