筋肉ストレッチと筋膜ストレッチ(1) - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 筋肉ストレッチと筋膜ストレッチ(1)

筋肉ストレッチと筋膜ストレッチ(1)

2016年02月16日

最近マスコミでも筋膜を取り上げるケースがとても増えました。
筋膜リリースや筋膜ストレッチという言葉も良く聞きます。

筋膜ストレッチと通常のストレッチ(筋肉ストレッチ)とどう違うか
をご説明したいと思います。
通常の筋肉のストレッチは筋肉(正確には筋腹)という筋繊維を
伸ばして筋肉の柔軟性を上げることを目的にします。

一方筋膜ストレッチは筋膜を構成するコラーゲンが硬くなってしまったり、
癒着を起こしている時にコラーゲンに働きかけて癒着や硬化を解消する
ことを目的にします。

筋肉と筋膜はその構成物質が異なるので、アプローチが変わります。
筋繊維はあまり長時間伸ばすと逆に縮んでしまう性質があります。
そのために一つの筋肉にストレッチする時間は8秒から10秒程度が
理想とされています。

一方の筋膜はコラーゲンとエラスチンから出来ていますが、コラーゲンに変化を
起こすにはある程度の時間が必要となります。

その為に筋膜のストレッチでは最低30秒(場合によっては1分半から2分程度)
ゆっくり伸ばさないと効果が出ないと言われています。

次回はやり方の違いをご説明します。



お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop