天気痛と内耳 - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 天気痛と内耳

天気痛と内耳

2017年08月03日

天気痛、気圧の変化に大きく影響を受ける体内の器官は耳の
奥の内耳だそうです。
内耳に刺激が入ると前庭神経が興奮して脳が反応して自律神経の
ストレス反応が起こります。

こうなると痛みの物質が放出されてさらに本来はつながっていなかった痛みの
神経もダイレクトな経路ができて慢性痛を引き起こすそうです。

特に天気痛の人たちは内耳が普通の人より敏感になっていることも佐藤先生は実験から
発見したそうです。
原因不明のめまいや古傷が痛むメカニズムが解明されました。



お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ
カテゴリ内の前の記事



カテゴリ内の次の記事


PageTop

ボディメンテナンスについて相談してみる
満足度アンケート結果
新着記事
MENU
B-breeze情報

〒170-0005
豊島区南大塚2-35-8
NYビル 6F
TEL:03-5944-8511

カレンダー

:定休日

※ボディメンテナンスやからだのことなどマスコミ・メディアの取材協力もお気軽にご連絡下さい。