体についての基礎知識 - ボディ(体)メンテナンスのB-breeze-大塚駅

TEL.03-5944-8511(月-土 11:00-20:00)

HOME > ボディメンテナンスBlog > 体についての基礎知識

体は何故かたくなるの?(2)

2013年08月30日 [記事URL]

今回は何故からだはかたくなるのかの原因の2番目の理由です。

前回は筋肉を使わないことで筋肉の繊維そのものがかたくなることをお伝えしましたが、
今回は血液から流れ出した「糖」が原因で体がかたくなる話です。

最近、雑誌やTVで「糖化」という言葉が時々でてきます。
「糖化」とは一体なんで、からだのかたさと関係するのでしょうか?
炭水化物やお菓子などを食べると体に分解吸収されて「糖質」になりますが、
過剰に摂取すると分解出来ずに血管から体の中にもれだします。

この漏れ出した糖は体の中のたんぱく質に絡まります。
タンパク質の中でもコラーゲンと結合しやすいことが分かっています。

糖とたんぱく質が結合すると何が起こるのか?
たんぱく質が変性して料理の焦げた様な状態になってしまいます。

これを専門用語ではAGE変性と言います。

おせんべいや焼き菓子やフライをイメージしてください。
別に油で揚げていなくとも体の中が焦げたようになってしまうのです。
老化や病気の大きな原因になります。

「糖化」で体が焦げることと体がかたくなることはどう関係するのかというと、
先ほど糖は特にコラーゲンと結合しやすいと書きましたが
筋肉は筋膜という膜に包まれています。

この筋膜の主成分はコラーゲンとエラスチンです。
そうです。筋膜は非常に糖化しやすいのです。
(因みにお肌もですよ。)
筋膜が糖化でかたくなると筋肉は筋膜で包まれているので、
良く動けなくなってしまいます。

ストレッチで筋肉を伸ばそうとしてもかたくなった筋膜に
邪魔されて十分伸びなくなってしまいます。

ビーブリーズでは筋膜の調整と筋膜ストレッチを重視しているのはこれが理由です。



体は何故かたくなるの?(1)

2013年08月30日 [記事URL]

p_robotto.gif体が凄くかたくなったり、
動きにくいと感じることがあると思いますが、
いったいこれはどういうことでしょう。

これには体のどの部分がかたくなっているのかや、
どうしてそうなったのか様ざまな原因があります。

今回は筋肉の硬縮について書きます。

筋肉は繊維で出来ていて伸びたり、
縮じんだりしますが、
ずっと使わない状態でいるとかたくなり、そして短くなります。

ラットの足を縛って固定して3週間そのままの状態で筋肉の長さを測る実験がありますが、
固定をはずしても筋肉は伸びなくなってしまいます。

人間も骨折等でギブスで固定していると、
ギブスをはずした後も上手く筋肉が動かない経験をした人も多いと思います。

また、かたくなった筋肉を放っておくと
硬直が進み小豆の様なコリコリの状態になってしまい、
これをトリガーポイントと呼んでいます。

ここまで硬直するとトリガーポイントから
痛みの原因の物質が放出されて慢性痛の原因になります。

原因不明の腰痛の大半がこのトリガーポイントが引き起こすという専門家もいます。



フカフカ筋で疲れ知らずの体になる(2)

2013年07月09日 [記事URL]

今回は血液、リンパと筋肉の関係を書きます。

生命を維持する大本は酸素や栄養を動脈で各細胞に届けて、
逆に不要になった物質やごみを静脈やリンパで回収するサイクルです。

このサイクルに問題を起こすことで病気や不調が起こります。

良くご存知の様に動脈は心臓の血圧という力で流れていきますが、
静脈やリンパは筋肉のポンプの力に大きく左右されます。

筋肉が固まってしまうと血管がつぶされて血流が悪くなります。
心臓を出た血液は約40秒で体を一周してきます。
リンパはそれに比べて遅く約12時間かかると言われています。
血管もリンパも筋肉の状態を保つことが大切です。

ストレッチには血流をアップする効果が証明されていますし、
日頃から筋肉を良く暖めることも気をつけて下さい。



フカフカ筋で疲れ知らずの体になる

2013年07月09日 [記事URL]

これから何回か筋肉の基礎知識と柔らかく上質の筋肉をつくる方法をお伝えしていきます。

以前、体は全身を筋膜で覆われているお話をしましたが、
体の組織をボリュームの面で考えると圧倒的に筋肉の量は多いです。

どの位の量だと思いますか?

体全体の約70%を占めます。
自分の意志で動かせる骨格筋といわれる足や手や背中の筋肉(随意筋)だけででなく、
内臓や心臓等の自分の意思で動かせない不随意筋も筋肉です。

その数はどの位あるかというと骨格筋で約600種類あります。
1.体の組織を動かす(骨や関節も筋肉の力がなければ動きません)
2.生命を維持するATPというエネルギーをつくる
3.静脈やリンパをポンプの力で心臓に返す
4.体温をつくりだす等
色々な重要な働きをしています。

さらに体の痛みや疲労とも大きく関係しています。

現代医学は怪我でもしなければ筋肉について重要視してきませんでしたが、
病気との関係も色々と分かってきています。




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 


お問い合わせ
ビーブリーズへのお問い合わせ

PageTop

ボディメンテナンスについて相談してみる
満足度アンケート結果
新着記事
MENU
B-breeze情報

〒170-0005
豊島区南大塚2-35-8
NYビル 6F
TEL:03-5944-8511

カレンダー

:定休日

※ボディメンテナンスやからだのことなどマスコミ・メディアの取材協力もお気軽にご連絡下さい。